包茎手術で術中・術後の出血について

包茎手術で術中・術後の出血について

女性が自分の胸の大きさと形について悩むように、男性も自分の男性器の大きさや形に対して悩みを持っています。男性器の問題の中でも、特に包茎に関しての悩みは重大です。

包茎は真性と仮性と種類が分かれており、真性のタイプは勃起時にもほとんどが皮に包まれたままの状態でありセックスへの支障や尿道炎などの病気にかかるリスクが、仮性のタイプは真性とは違いセックスへの支障や病気にかかるリスクはなくとも性感染症の元となるリスクを抱えています。

包茎を本気で何とかしたいと深刻にお悩みの方は、手術を受けることが一番です。

手術には主に二つの方法があります。亀頭直下埋没法と陰茎根部切開法です。亀頭直下埋没法は亀頭の直下を切開線にして、陰茎根部切開法はペニスの根部を切開線にして施術が行われます。
二つの手術はやはり切開をするので、どうしても術中と術後に際しては出血があります。

術後の出血は時間が経っても止まらない場合には再手術をする必要性もありますが、大抵は少量で血が出なくなるので手術を受けるデメリットとして不安に思わなくても大丈夫です。

包茎の手術は費用も多少かかりますが、手術することによって病気のリスクなどから解放されるので検討してみましょう。

包茎手術・包茎治療を盛岡市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ